スロットの天井狙い・ゾーン狙いの期待値とは!?


にほんブログ村 スロットブログへ

ここ数年、スロットをする人の中で、天井狙いやゾーン狙いをしている人が増えてきているのでは?

でもまだ、期待値という言葉の意味も分からない人も多いのでは?

突然ですが、「スロットの天井狙い・ゾーン狙いの期待値」について私なりの解釈で説明してみようと思います(^ν^)

---スポンサーリンク---


---スポンサーリンク---

そもそも期待値とは!?

確率論において、期待値(きたいち)とは、確率変数の実現値を, 確率の重みで平均した値である。

例えば、ギャンブルでは、掛け金に対して戻ってくる「見込み」の金額をあらわしたものである。ただし、期待値ぴったりに掛け金が戻ることを意味するのではなく、各試行で期待値に等しい掛け金が戻るわけではない。

※Wikipedia参照

分かりやすく言うと、あるスロット台を天井まで?回転の台を打ち始めて、ボーナスを引いて即ヤメした時に、計算上プラス収支になる金額。

◯具体例にアナザーゴッドハーデスを挙げてみます。

ハーデスの天井到達時の恩恵を、1500枚の期待獲得枚数とします。

仮に800Gから打ち始めるとすると、千円あたりの回転数が約28Gなので、単純計算で天井到達までに約2万8千円使う事になります。

すると、等価交換での収支は+2000円となりますよね?

これに、GOD揃い等の特定役の抽選も加味されてくるので、実際の期待値としては約+5000円となっています。

これが、計算上の期待値という事になります。

もちろん、期待値なので毎回+5000円になる訳ではありません。

マイナスの時もあれば、プラスの時もある。

これが天井狙いを始めた当初は、「ただの運じゃん!!」なんて思っていました(^_^;)

でも、そうでは無いんですよね。

稼働台数を重ねて、少しでも期待値の高い台を打って行く。

これがプラス収支につながるのです。

確率の収束ってやつですね!

 

五千円の期待値がある台を打って、二万円負けたとします。

「今日は5000円勝てる所を2万円負けた」

って時は、発想の転換で、

「5000円勝てる所を20000円負けたから、今日は25000円の貯金をしてきた」

この考えが出来る様になってから、年間収支がプラスになりました。

それまでは天井狙いをしてても、負けがこんできたら設定狙いをしてたので、年間でプラスにはなりませんでした。

スロットの天井狙い・ゾーン狙いで年間プラス収支にする為には、勝てない時に熱くならず、いかに冷静でいられるかだと思います。

天井狙いを始めたばかりで収支がプラスにならない方は、是非参考にしてみて下さいね(^ν^)

スポンサーリンク

皆様の応援がブログ更新の力となります!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

にほんブログ村 スロットブログへ


コメントを残す